Print Shortlink

トレーニングとヨガの呼吸の違い✤神からの贈り物…自分軸の案内人

トレーニングとヨガの呼吸の違い

トレーニングにおいて

呼吸を意識する事で効果の現れ方が違います。

呼気で力を溜める、力を使う時、効果的に筋肉に働きかけます。

力が発揮できるのは、腹部のインナーマッスルが呼気で強く働くからです。

ヨガにおいて

呼気で力を抜いて強張っていた筋肉や緊張を和らげるよう働きかけます。

またアーサナを行うとき、特に一呼吸一動作なるヴィンヤサにおいては腹部に力を入れます。

それがバンダ、トレーニングの効果と同じ働きです。

吸気と呼気の役割

吸気が供給エネルギーで

呼気はリラックスしたり、力を発揮したりとコントロールできるエネルギー

自由自在

神様からの贈り物

ヨガで呼吸を意識することは生命エネルギー「命」「魂」を感じること

身体の中に流れている確かなもの。

彷徨ったときは呼吸に戻りましょう。

自分軸へと案内してくれます。

週末のヨガ♪

※感染防止策、飛沫防止シート設置あり

※ピラティス系ヨガ、ゆったりストレッチヨガ「withコロナ」によるレッスンスタイル「一緒にエクササイズ」
ブログ(画像)は1部お休みしています。

●マイソール

●フルプライマリーレッド

●ゆったりストレッチヨガ

ご参加ありがとうございました。