Print Shortlink

アシュタンガヨガアーサナの進み方と減らし方✤プラーナ-ヤーマ、プラティヤハーラへ

アシュタンガヨガのアーサナシリーズ、進むタイミングと減らすタイミング

アーサナを進める基準は、完成度なる身体能力ではありません。
(骨格によって困難なのもあり、身体的特徴によってはできない事はあります)

呼吸と身体の連動が確固たるものになり、アーサナを深められている事

これ以上身体の変容が起きにくい事

●進むタイミング
アシュタンガヨガ歴長い方
プライマリーシリーズに慣れすぎると身体的刺激は弱くなり、感覚神経が研ぎ澄まされにくくなります。

苦手なアーサナに変化を感じられなくなります。

練習で培ってきた経験を、次なるステージへ…

新しい感覚を味わいましょう。

●減らすタイミング
痛みを感じるとき、続くとき、違う部位に現れたとき、そして体力年齢にあわせるとき

女性は、ホルモンの関係で年齢とともに筋肉は落ちやすいです。

代謝が変われば、できなくなることが出てきます。

伝統に沿った練習は必要かもしれません。
しかし表面上の伝統に縛られては、本質を見誤ってしまします。

大切なのは八支則において、段階を進めていく事です。

プラーナ―ヤマ(呼吸のコントロール)プラティヤハーラ(感覚のコントロール)へと進んでいきます。

週末のヨガ♪

※感染防止策、天井から床まで飛沫防止シート設置

※ピラティス系ヨガ、筋膜リリース…オンラインレッスンは「withコロナ」によるレッスンスタイル「一緒にエクササイズ」
ブログは、1部お休みしています。

●マイソール

●アシュタンガヨガ初級

お久しぶりの方々、頑張りました。

●フルプライマリーレッド

ハーフ&セカンドレッド行いました。

●くつろぐ場所

シャーバアーサナ

ご参加ありがとうございました!