Print Shortlink

ご報告…5/3(月)GWワークショップ「シールシヤアーサナ」への道のり

5月3日(木)
午前10:00~11:30 アシュタンガヨガ 特別編 
●逆転系のポーズ「シールシヤアーサナ」
アンチエイジング効果、心臓と循環組織機能を良くし、内臓下垂に効果をもたらし、下半身の重さやダルさから解放され疲れ、むくみの除去効果があると言われています。

とは言っても…

体を逆さま、頭で立つ?…恐い。

倒れたらどうしよう、首痛めたらどうしよう…やったことないから自信がない。

恐怖心とは…

子供の頃には感じなかったが大人になるにつれ身につく防衛本能

自分を守るために必要な機能です。

しかし自信がなくなってくると、恐怖心は大きくなりがちです。

克服して、可能性を広げましょう。

まずは準備するアーサナから始めます。

頭、首、背骨、骨盤までの椎骨の使い方

体を支える、手足の使い方

シールシヤアーサナは、タダアーサナ(サマスティティヒ)の姿勢を逆さまにしたもの

重力、重心の捉え方を体得していく事が必要です。

ヴィンヤサで動いて、動いて…

さあ~try!

初挑戦の方、「怖い!」「でも気持ちよかった~」

練習していく楽しみが増えましたね。

午後12:30~13:45  呼吸法とヨガのお話し

「呼吸を深く行うには、動いたほう(アーサナ)がいいのか、静かに座るほうが良いのか」

●アーサナにおける呼吸法は、動きとの連動を意識、呼吸筋(横隔膜、腹斜筋、肋間筋etc…)を使うことで深まる

運動神経として発達し、いつでも深い呼吸ができる習慣化

●座った状態の呼吸法は、静かに「吸気」「呼気」を観察することに重点が置かれます。

浅い呼吸では、対象への意識が続かないので、深い呼吸へとシフトしていくようにします。

「吸気」「呼気」あるがままを観察します。

◎運動分野にて深い呼吸を身につけ、瞑想へ繋げ、静かに心を整えます。

 

ご参加ありがとうございました!