Print Shortlink

1日の終わりに不満を持たず ✤ 良い1日だったと思えるように

先週、母の三回忌法要でした。

身内に限らず、自分の人生に関わった人の死(学生時代の友人、部活の先輩後輩、会社の同僚、上司、ご近所さんetc…)

亡くなった人は仏様となり、生きている者に心静かな時間と

不思議なご縁、人と人を結び付けてくれます。

普段会う事のない人々が集まる、懐かしく優しい時間を与えてくれます。

「死」

不吉で避けたいイメージですが…

老子の死生観~

出生入死(生に出でて死に入る)

人はこの世に生まれ出て、死の世界へ入る。

死は誰にでも訪れるものであって、恐れるものではありません。

常に、「いつ自分に死が訪れても不思議ではない」と覚悟を決めて、

ことさらに生に執着することなく、その日一日を楽しみなさい。

それが、生を長らえることにつながる。

…と、老子は説いてます。

生まれた環境は、それぞれでも

死は平等に訪れます。

地位も名誉も財産も、実績や功績も…偉い人も凡人も…

生を終える瞬間

「まだやり残したことがある~、まだこの世にいたい~」

生に執着しないよう

やり残しのないよう

1日の終わりに不満を持たず

今日も良い1日だったと思えるように過ごしたいものです。

今週のヨガ♪

1部、photo載せます。

●アシュタンガヨガ

●フルプライマリーレッド

●ピラティス系ヨガ

●シャーバーアーサナ癒しの時間

ご参加ありがとうございました。

お問合せ・ご連絡は
090-3903-8613