Print Shortlink

客観的に見る力…自分という立場を外した視野✤洞察力

ヨガを継続していくと

物事の捉え方が変わり、感情のコントロールがしやすくなり

客観的に自分をみれるようになり、こころが安定したりと…

身体的の変化もそうですが、精神的な効果も大きいです。

ただ、この先変わらない不変なものではありません。

時には…

感情の起伏が激しくなることがあります。

小さな事をくよくよ悩んだり、自分が何をしたいのかわからなくて焦ったり

「ヨガを行っているのに、なんでこんな自分に、まだまだ修行が足りない」

効果が薄れたのではなく

直面している現実、環境や状況でそうなる事はあります。

自分という存在は一人では成り立ちません。

社会、家族、友人、色々なコミュニティがあってこそです。

環境や状況を分析する能力もヨガ要素

ちまたの情報に惑わされず、必要な情報収集も不可欠

まず自分の立っている場所から、起きていることを見渡す視野

また自分という立場を外して、見渡す視野

客観的に見る力です。

いつでもこころの安定を求めてしまうのも執着

概念にとらわれず素直に、柔軟に感情を解放させるために必要な洞察力

智慧(ジュニャーナ)のヨガであり

行為(カルマ)のヨガであり

親愛(バクティ)のヨガです。

ヨガ座学でお話ししていきます。

動物番組好きの猫

♪今週のヨガ

●シャーバアーサナ癒しの時間

●マイソール

ご参加ありがとうございました。