Print Shortlink

「気沈丹田」エネルギーアップ☆彡呼吸で「空」と「大地」を感じる♪

ヨガのアーサナ
解剖学的には、アライメントの調整ですが、もっと掘り下げるとエネルギーバランスの調整のためにあります。
定まった方向に向けてバランスをとることで、流れが良くなりエネルギーアップに繋がります。

そのために、体幹(体の軸)コアを意識することが大切です。
特に意識したいところは【丹田】なるところのお腹の力、エネルギーが湧いてくる場所です。
※「丹」は不老不死の薬,「田」はこれを産する土地を意味します。

丹田を意識しながら呼吸を行うと、無心になれます。
気を丹田に下ろし、頭をからっぽに…「気沈丹田」

吸気(吸う息)で、背筋~頭頂まで意識し、引き上げられるような軽さ、「空」を感じ
呼気(吐く息)で、重心が下がり、下半身や足元が安定、「大地」を感じます。

週末のアシュタンガyoga♪ ※安心スタイル、シート越しレッスン

※骨盤ヨガ、健康体操ヨガ、ピラティス系ヨガ、ゆったりストレッチヨガクラス…「withコロナ」によるレッスンスタイル「一緒にエクササイズ」
zoomオンラインレッスン含めブログはお休みしています。

●マイソール

●アシュタンガヨガ初級

●フルプライマリーレッド

●ご参加ありがとうございました!