Print Shortlink

ヨガで痛めたのはヨガで治す・どんなときもマットに立つ☆彡言葉の裏にある深い教え

「ヨガで痛めたのはヨガで治す」

「どんな時もマットに立つ」

昔、そのように教えて頂き闇雲に従っていました(;^_^A

言葉だけで見ると、ストイックすぎ、無理しすぎ…自分いじめてないか…

長い年月かけ(ストイック練習から)1周回って戻って見ると

本当の意味が見えてきました。

無理しなさい…と言っているのではなく

痛みに心を縛られない、アーサナに囚われないこと

俯瞰して見る(一部だけを見るのではなく、対象となる事から一歩引いて全体像を見る)ことです。

・痛めたということは

ヨガをやったからではなく、身体に原因が潜んでいるという

アンバランスへの気づき(骨格バランス、筋肉バランスの癖など)

アーサナで治すというより

気づきによって、身体を良い状態へ戻す(治す)こと

アーサナは万能薬ではありません。

時には違ったアプローチも必要な事もあります。

・マットに立つこと

アーサナ練習を行うために立つのではなく

自分軸を感じるため

呼吸を通して向き合うマットの上だからこそ、軸が整う

彷徨っていた自分を戻す場所

言葉の裏には深い教えがあるのです。

本日のヨガ♪

画像お休みです。

ご参加ありがとうございました。

インド修行に行ったとき、不思議な姿勢で座るハヌマーンラングーン(神の使いと言われている)と出会いました。

※猿の神様「ハヌマーン」