Print Shortlink

誰のせいでも、ためでもなく…ありのままを見る✤自分の景色

人間関係は難しい

様々なハラスメント用語が生まれ、空気読むことに神経をすり減らす現代

それが苦手な人は、周りにどう思われようが構わないと我が道を行くタイプなどに分かれていきます。

最近ヒューマンエラーによる事故が多いように思います。

作業現場、飼育員の安全確認、などなどetc…

仕事とは何でしょう…何のため、誰のため?

人によって、色々な目的や意味はあると思います。

昔スポーツクラブでバイトしていた頃、バイトまでも参加した社員ミーティング

日々の会員数、入会、退会、売り上げ報告、故障個所やメンテナンス報告、メンバーボイスなどなど情報共有

当時店長の話した言葉が、働き方意識になったと思います。

昭和的ではありますが(;^_^A

「君らの給料は、誰が払っているのか」

「支払うのは会社だけど、それはメンバーの方々から頂いている会費からです」

「心地よく通ってもらうには、何が必要か考えてほしい」

与えらえた通りに時間働けばよいと思っていましたが、一瞬にして変わった瞬間でした。

今は、人員は常に足りず、膨大な仕事量で、手前の仕事に追いつくのがやっとかもしれません。

仕事について考える余裕がないかもしれません。

でも、ちょっと立ち止まって自分の景色を見てみませんか。

呼吸を整え、心を静める時間です。

「瞑想」

スピリチュアル的ではなく

仕事のこと考えていい、今日何があったのか、どんな感じだったのか

自分というものを外して見える様々な事実

感情を抜きにして客観的に見る練習

人それぞれの真実があって

起きた出来事はそのまま、ありのままです。

誰のせいでもなく、誰のためでもなく、事実をありのまま見る練習です。

✤人生の先輩からいただく手巻き寿司 「梅」「雪だるま」「鬼」

♪今週のヨガ

※感染防止策、飛沫防止シート設置あり

※ピラティス系ヨガ、ゆったりストレッチヨガ「withコロナ」によるレッスンスタイル「一緒にエクササイズ」
ブログ(画像)は1部お休みしています。

●シャーバアーサナ癒しの時間

●マイソール

●ピラティス系ヨガ

ご参加ありがとうございました。