Print Shortlink

ヨガあるあるある(׳)勘違い…✤「胸を開く」「腰を伸ばす」

良い勉強になりました。

アーサナ(ウールドヴァムカシュバアーサナ→上向き犬やブリッジ、アドムカシュバアーサナ→下向き犬など)

「もっと胸を開きたい」「もっと腰を伸ばしたい」

「胸を開く」「腰を伸ばす」ヨガアーサナでよく使われる言葉です。

硬くなった胸を開いて、曲がった背中を伸ばして姿勢を良くするイメージ?

はてさて?どんな状態が理想なのか検証してみました。

骨格の正しい位置、前面、背面、側面、どこにも負荷(伸びたり、縮んだり)なくフラットな状態ニュートラルポジション

筋肉が頑張りすぎない場所、骨格の安定置はどこ?

胸を開くために、背中にしわが寄り窮屈に(背骨が狭く)なってないか

腰を伸ばそうと、反りすぎてお腹(バンダ)の力が抜けてないか

開く反対の動き、閉じることが出来るのか

伸ばす反対の動き、丸める縮まるは出来るのか

人体模型スケルトン君と実際の動きにて説明

なるほど、なるほど、ヨガあるあるある(׳)勘違いだとわかってきました。

伝える側も気を付けたいです。

私も勉強になりました。

今週のヨガ♪

※感染防止策、天井から床まで飛沫防止シート設置

※ピラティス系ヨガ、ゆったりストレッチヨガ、筋膜リリースは「withコロナ」によるレッスンスタイル「一緒にエクササイズ」ブログ画像)は1部お休みしています。

●マイソール

●アシュタンガヨガ初級

●ピラティス系ヨガ

●シャーバアーサナ癒し

ご参加ありがとうございました!