Print Shortlink

ウッティタトリコーナアーサナ(三角ポーズ)✤バンダとドリシュティの使い方

ウッティタトリコーナアーサナ(三角のポーズ)

スタンディングポーズで最初に登場するアーサナです。

骨盤の使い方と股関節の動きと関わってくる、下半身の安定感に欠かせないアーサナです。

何度練習していても、気づかずに骨盤が傾いてしまうことがあります(私も(-_-;))

バンダとドリシュティの使い方にによって、不安定になることがあります。

バンダを骨格筋でイメージするなら、腹横筋と腹斜筋をしっかり使うこと(骨盤の位置)

ドリシュティを関節可動域で見るなら、首の回旋をしっかり行うこと(頭の位置)

パルヴリッタ(ねじり)のアーサナは、胸郭の回旋が加わります。

骨盤が安定して、首や胸郭が柔らかく動けば、呼吸は深まります。

ウジャイ呼吸、バンダ、ドリシュティ、三つは一つに…

自分の中にあるものと繋がりを感じて

本日のヨガ♪

画像はお休みです。

ご参加ありがとうございました。

毎度の猫ネタ(;^_^A