Print Shortlink

12/5バッグベンドチャレンジ☆♪kankan♪

バッグベンド…未知なる世界

大地から身体を押し上げるブリッジとは違い、等身大の高さから大地に降りていくバッグベンド。背後に頭が下がる事はとても怖いです。

例えばプール、足から入るのは平気でも飛び込みは怖いです。頭を打つから?

連想されるのは破壊的イメージ…

痛みという経験からくる恐怖ではなく、潜在的恐怖。

「子供の頃はできたのに」…

子供から大人にかけて様々な経験をし、その経験から傷つかないように自分を守るために鎧をつけます。その鎧がいつしか重くなっていく、重くなれば防衛本能は過剰に反応します。傷ついていない事にも恐怖心が起こるのです。

バッグベンドは、縛られてきた固定観念を解き放してくれるアーサナです。

胸を開いて…心を開いて…あるがまま、すべてに委ねていくのです。

降りられそうで降りられない境界線…究極のラインは、その先にある未知なる世界…といより、子供のころの真っ新な自分、無心なる世界です。

出来なくてもいいのです。チャレンジするたび、不思議と自信が沸いてきます。

昨日のHanaちゃんのように…http://www.ashtangayoga-chiba.com/?p=4839

一日パワー全開だったそうです。

久しぶりのチャレンジで見事に反れるkankan。

得意な身体を活かしてチャレンジあるのみです。頑張って(^.^)/~~~