Print Shortlink

こころの安定「瞑想」へ至るための段階…✤継続のための努力

3月17日(日)【下総神崎 酒蔵フェスタ】イベント参加のため休館日となります。

【3/15 金曜日】
●早朝マイソール
朝の運動&瞑想

【3/16 土曜日】
●10:00~<アシュタンガヨガ初級>
明日の分をしっかり動きます。


二の腕、脇を締めることを意識する練習続いてます。
安定したからだ、動きやすいからだにするために必須な筋肉です。

●11:20~<セルフケア>
からだが楽になってきました。


からだが動きやすいと、気分も上がります↥

●12:00~<パワーチャージ>

簡単な動作もゆっくり動くことで、眠っている筋肉が刺激され、深層部分に神経が行きわたります。


ヨガのお話し…

ヨガで瞑想に至るには段階が必要です。

「ポーズ」で筋肉を動かし、骨格を調整

「呼吸」で循環機能を働かせる

「感覚制御」で外側に向かう意識を内側に向けるコントロール

などを、行うことで「集中」が起こり、こころがリラックス「瞑想」がやってきます。

ヨガは、からだの状態から、こころの状態へと行きついていくことを目的としています。

こころの安定を継続するためには

道徳的思想、精神を律する努力が必要です。

ヤマ
「やってはいけない行為=禁戒」
ニヤマ
「進んで行うべき行為=勧戒」

それがアシュタンガヨガの教えです。

✿素敵な時間をありがとうございました。