Print Shortlink

アシュタンガヨガは動く瞑想…✤我に帰すからだの声

【6/15 金曜日】

寒い雨☂ですね…

●6:30~<マイソール>
たま~に…アーサナを忘れ、抜かしてしまうことがあります。
途中何か違う?…我に帰り…、抜かしたところからやり直します。

この「我に帰り」境地こそ、集中力Max、からだを超越し、瞑想状態に入っていると思われます。
からだは、現実にあるもの…長年アーサナを行っていると、動きは記憶され、行わないアーサナがあると…
瞑想状態から、ふと現実に引き戻してくれます。

アシュタンガヨガは動く瞑想
ベテランヨギーニさん。

●8:30~<マイソール>
アーサナの研究に余念がなく、朝はスーリヤナマスカーラを継続し
時間があるとき、苦手アーサナのアライメント強化など行う熱心なヨギーニさんです。

画像で研究を深めてください(^o^)

●10:20~<ボディケアyoga>
さあ、疲れを取り除く時間です。

●11:00~<エナジーフローyoga>
お話しヨガとなってしまい…気づくとあらっ、こんな時間…

では、引き続きリラックスタイムと参りましょう。

ヨガでは、この世は修行(苦行)場所…
悟り(無の境地)は、世俗で活かすもの…(十牛図にあるように…)
そこで
「美人薄命」とは
短命は、薄幸ではなく、この世での悟りを成就し、修行を終わらせてもよいとの神の思し召し…
「憎まれっ子世にはばかる」
悪い行為を繰り返すものは、欲まみれから脱却するまで、この世で修行を続けるべしとの思し召し…

練習の瞑想後、ふと思い浮かんだ「天命とは…」でした。

✿素敵な時間をありがとうございました。