Print Shortlink

アシュタンガヨガ瞑想とヴィッパサナ瞑想✤「ありのままの今を」

【2/27 火曜日】

最近感じるmy練習…
ちょっと前までは、意識を隅々まで傾けに行ってました。
呼吸、バンダ、ドリシュティをメインにアライメントにも気を付けて…と
忙しいと言えば忙しいような…

最近は、内側の隅々から上がってくるような感覚です。
ゆく意識ではなく、待つ意識…
一つのヴィンヤサで、足の指、裏、指の間などなど、末端までも感じられる…

昔いただいた言葉を思い出しました。
「意識を向かわせなくても、次第に向こうからやってくる」

「今、ありのまま」に集中…
それは…
からだを一つ一つを感じる瞑想「ヴィッパサナ」と同じだということ…
※ヴィッパサナ瞑想とは…インドの最も古い瞑想法のひとつ
ヴィパッサナ=「ものごとをありのままに見る」という意味

昔修行に行ったとき、ヴィッパサナとアシュタンガヨガに繋がりを感じ
10年修行のもと、ようやく重なりました。

実感した朝に感謝☀

●10:10~〈リラックスヨガ〉
最高の癒しを…

●10:50~〈コンディショニングヨガ〉
話題はTBS「情熱大陸 更科有哉さん」番組
インドマイソール、アシュタンガヨガ総本山(KPJAYI)が映され懐かしかったです。
練習風景は変わらず、真剣な空気、緊張感、集中力、10年経っても同じでした。
当時の練習のお話し、アシュタンガヨガの大事さ…
そんなお話しからスタートです。。。

呼吸を大切にしてこそ…
こころとからだを繋げます…

✿素敵な時間をありがとうございました。